yukemuri1st_1.jpgゆけむり1周年チラシ_ページ_2.jpg

20190629basho330.jpg

2019asa.jpg

2019お柴灯まつり.jpg

お柴灯は山形県最上地方に古くから伝わる小正月行事です。

高さ約7mの巨大なお柴灯で御札や正月飾りを焚き上げお清めします。

また、下帯姿の青年が松明をもって地区内を駆け巡る奇習『鳥追い』が行われます。

家内安全と商売繁盛を祈願する冬の風物詩です。

赤倉温泉のあったまりの温泉を楽しみつつ、どなた様もぜひご参加ください。

 

【 開催日 】平成31112() 開場18:00 点火 19:00

【 場 所 】「おくのほそ道」赤倉温泉湯けむり館前駐車場(山形県最上郡最上町富澤817-1)

【お問合せ】赤倉温泉お柴灯まつり実行委員会 080-1660-4083

 1800~ 開場

 1830~ 開式・ご祈祷

 1857~ 鳥追い神社出発

 1900~ 点火・鳥追い

 1920~ みかん撒き

 1930~ 開運大抽選会(無料)

 2000~ 閉式

 

古いお札・お守り・正月飾りをご祈祷してお焚きしますので、当日お持ちください。

 関係のないもの、燃えにくいもののお持ち込みはご遠慮ください。

食うぞ新そば!行ぐべ赤倉!

早くも第6回を迎える最上町新そばまつり、今年も赤倉で開催します。
新そばの芳醇な香りが漂う会場に、手打ちそばをはじめとした蕎麦製品がずらり。
この機会に「最上町産最上早生」の蕎麦をご賞味ください。

日時:2018年11月18日(日)10:00~14:00
場所:山形県最上町赤倉温泉 お湯トピアもがみ
お問い合わせ:最上町産業振興センター 0233-43-2340

20181118最上町新そばまつり.jpg


豆.jpg

栗.jpg

毎年恒例となった「赤倉温泉 食まつり」、今年は7/1~9/30までの期間で開催します。

暑い夏に涼を求めて、さらさら食べるあっさり水かけまんまのぜいたく御膳。
ランチタイムに各旅館ごとのお料理が楽しめます。

赤倉温泉の湯は、豊富な源泉量でかけ流しがあたりまえ。
肌にやさしい泉質の温泉で汗を流して、さっぱりするひと時を。

これで夏の暑さは乗り切れます!

期間:2018年7月1日(日)~9月30日(日)

時間:10:00~15:00(お食事は11:00~13:00)

料金:4,500円(諸税別)

予約:実施各旅館に前日までにご予約ください。

内容:1. 水かけまんまとぜいたく御膳
    ●お料理の内容は旅館ごとに異なります。
   2. 湯量豊富な源泉かけ流しの温泉
    ●フェイスタオル付
   3. 最大5時間の個室利用でゆっくりと

実施:悠湯の宿 湯澤屋(0233-45-2201)
   湯守の宿 三之亟(0233-45-2301)
   わらべ唄の宿 湯の原(0233-45-2215)
   みどりや旅館(0233-45-2231)

2018年赤倉温泉食まつり ポスター 表2018年赤倉温泉食まつり ポスター 裏

2018年01月13日お柴灯まつり

お柴灯は山形県最上地方に古くから伝わる小正月行事です。

旧年のお札や縁起飾りを焚き上げるお柴灯とともに、奇習『鳥追い』が行われる冬の風物詩です。

【 開催日 】平成30113() 点火 1900

【 場 所 】赤倉温泉湯けむり館前(建設中)

【お問合せ】赤倉温泉お柴灯まつり実行委員会 080-1660-4083

 1800~ 開場

 1830~ 開式・ご祈祷

 1857~ 鳥追い神社出発

 1900~ 点火・鳥追い

 1920~ みかん撒き

 1930~ 開運大抽選会(無料)

 2000~ 閉式

 

古いお札・お守り・正月飾りをご祈祷してお焚きしますので、当日お持ちください。

 関係のないもの、燃えにくいもののお持ち込みはご遠慮ください。

食うぞ新そば!行ぐべ赤倉!

今年も新そばの季節がやってきました。最上町新そばまつりも早第5回。

山形県奨励品種であるそば「最上早生」は、仕上がりのそばが香り高く、甘味・コシが強い品種です。

新そばの芳醇な香りが漂う「新そばまつり」会場には、手打ちそばはもちろん「そば焼酎」「そば茶」「そばソフト」など最上早生を味わいつくす品が勢ぞろい。

会場では特産品・農産物販売も行われます。

この機会にぜひ皆様お誘い合せの上、赤倉温泉までおこし下さい。

新そばまつり(手打ちそば1杯券)【 前売券 】500円 【 当日券 】600円

ご提供開始は10:00~です。

新そばまつりのチケット半券提示で赤倉温泉の旅館の日帰り入浴が500円⇒300円に割引されます。

20171119最上町新そばまつり.jpg

今の子ども達のおじいさんが子供の頃のその前から、赤倉の子ども達の間で脈々と残り続ける秋の風習。

月を愛でながら家々を「豆っこ(栗っこ)煮ぃたがわ?」と訪ね歩き、茹でた枝豆やお菓子を頂く、

子ども達だけの季節のお楽しみを、赤倉にお泊りいただいたお客さまにおすそ分け。

ロウソクの灯りにゆれる赤倉の温泉街を、大きな声で「豆っこ(栗っこ)煮たがわ?」とたずね歩いてみて下さい!

2017mame.jpgkuri.jpg

 <日時> 

  • 2017年10月7日豆名月
  • 2017年11月4日栗名月

それぞれ16時頃~21時頃まで

<場所> 

  • 赤倉温泉内

<参加条件> 

  • 赤倉温泉にご宿泊のお客さま限定50組!

<参加費> 

  • 一組1000名月セット付(名月バッグ&マップ)

※名月セット(名月バッグ&マップ)がないとお菓子のもらい歩きはできません!

※一般参加は当日午後4時以降お問合せ下さい!

<お問合せ>

赤倉温泉観光協会 080(1660)4083

アイテム

  • ゆけむり1周年チラシ_ページ_2.jpg
  • yukemuri1st_1.jpg
  • 20190428marche.jpg
  • 20190629basho330.jpg
  • 2019asa.jpg
  • 2019お柴灯まつり.jpg
  • 20181118最上町新そばまつり.jpg
  • 栗.jpg
  • 豆.jpg
  • 2018年赤倉温泉食まつり ポスター 裏